WKBブログ
HOME > WKBブログ

2015.07.07「ミニマリスト」、不思議な生き方ですね!

「ミニマリスト」とは物を極力、持たない生き方!

 今朝、テレビを見ていたら、「ミニマリスト」というテーマで番組をやってました。はじめて聞く言葉なので、つい見てしまいました。要するに「ミニマリスト」とは、極力、ものを持たない生き方です。以前、このブログで「断捨離」のことを書きましたが、似たようなものですね。番組では30歳代の男性が登場していましたが、ワンルームと思しき部屋に住んでいるようですが、ガランとして何もありません。

2015077b (2)

物への執着がなくなり、心は楽に!

食事をする時は床に御膳をおいて食べています。番組はこの人の職場の模様も伝えていますが、デスクはパソコンがあるだけで書類等一切ありません。どんどん捨ててしまうそうです。上司は仕事がとても効率的で、終業時刻の5時半になったら、すぐに帰るそうです。無駄な仕事ぶりがない、と高く評価していました。物を捨てることによって、物に執着する心が薄れていき、とても心が楽になるというのです。

2015077c

「ミニマリスト」のデメリットとは?

若い人の間で「ミニマリスト」が増えているそうですが、ネットを調べていたら、「ミニマリスト」になるために(1)不必要なモノは捨て去る (2)大事なモノを見極める(3)対価を考えるーーということが必要なのだそうです。1と2はわかりますが、3の「対価を考える」とは「ミニマリスト」になることのメリット、デメリットを考えばならない、というわけです。例えば、震災時の備えなどはどうでしょうか。生きていくのに必要最小限の物しか持たないわけですから、震災時の食料、医療用品、毛布などは持っていないでしょう。

2015077b (1)

物にあふれた世代が「ミニマリスト」に

 専門家によると、物にあふれた世代は「ミニマリスト」になるといいます。生まれた時から豊富な物に囲まれて生きてきた結果、逆に物から解放されたいと思うのかもしれません。小生には二人の幼い孫がいますが、大量のおもちゃを持っています。買ってあげると喜ぶのはその時だけで、しばらくすると、ポイです。大事に扱おうという様子も見えません。何不自由なく物を与えるというのは果たして良いことなのか、「ミニマリスト」はそのことを考えさせてくれました。

2015.06.29「コスプレ」、凄い人気です!

若葉のお茶室「紫栄庵」がコスプレの撮影現場に!

 「コスプレ」って、皆さん、ご存知でしたか?小生は全く知りませんでした。若い女性がアニメや映画の主人公が着るような特殊なコスチュームを身につけ、お化粧を凝らした上で撮影するのです。変身願望とでも言うのでしょうか、その姿を撮影してネットなどに公表しています。今まで、全く縁がなかったのに最近、毎週土、日曜になると、コスプレ愛好のお若い女性のお相手をさせて頂いてます。実は若葉マネキン紹介所は神奈川区片倉町に「紫栄庵」というお茶室を管理しています。ここが撮影の現場になっているからです。

20150629b (2)

コスプレ利用の申し出が圧倒的!

 「紫栄庵」はいわば若葉の厚生施設でお茶会などを開きたいという希望者に貸しています。本格的なお茶会を楽しめる本駒のほか、食事を楽しめる大広間、ベンチスタイルでお茶が飲める立礼などの施設があります。庭園は純和風で水の滴る音が地下から響く「水琴窟」もあります。折角の施設ですので、一般にも貸し出していますが、意外にも「コスプレの撮影用に使いたい」という申し出が圧倒的に多いのです。

20141228093543

コスプレは「純和風」が大流行!

 毎週土、日曜日は早朝から夕方まで、ずっとコスプレの撮影に使っています。おかげで小生は週末だというのに全く休みが取れません。なぜ、「紫栄庵」がコスプレの撮影に使われるかというと、今のコスプレ業界では純和風のシチュエーションが流行しているからだそうです。従って、古民家が大人気です。しかし、コスプレはなにかいかがわしい雰囲気があるせいでしょうか、なかなか、撮影が許されないそうです。

20150629b (1)

3500円でアニメの主人公に!

しかし、コスプレに来る女性たちは本当に礼儀正しく、全く普通のOLや学生です。施設を汚く使ったり、備品がなくなったりしたことは今のところありません。コスプレに興じる女性たちの心境を、小生は全く理解できませんが、仮装行列するハロウィンと同じようなものでしょうか?女性達はコスプレイベントの主催者に3500円くらい支払い、イベントに参加します。これでアニメの主人公になった気分になれ、一日中楽しめたら、安いものかもしれませんね。

20150629d (2)

2015.05.27次世代モビリティ「セグウェイ」はなぜ日本で苦戦しているのか!

セグウェイ、日本では300台くらいしか売れず

 日経懇話会のセミナーで、以前、鳴り物入りで日本でも話題になった次世代モビリティ「セグウェイ」の日本法人、セグウェイジャパンの大塚社長の話を聞いてきました。セグウェイは立ったまま乗る電動二輪車で、体重移動だけで前進したり、クルリと回ったり、左右に自由に行くことができます。2001年のデビュー以来、海外では年間1万数千台売れていますが、日本では300台位しか売れていないそうです。

201505272 (1)

海外では警察官のパトロールなどで活躍

 セグウェイはリチウム電池で動き、最高時速は20キロメートルです。1回の充電(10円位)で最大40キロメートルくらい走ります。家庭用コンセントから充電できて、とても経済的です。海外では警察官のパトロールや観光ガイドの案内、大きな倉庫内での移動、ゴルフ場での移動など幅広く使われています。なにしろ、操作が非常に簡単で、移動が自由なため、とても便利です。

201505272 (2)

日本では公道で使用できず

 しかし、日本ではあまり売れません。なぜなら公道での利用が道路交通法に違反し、認められないからです。セグウェイにはアクセル、ブレーキ、ストップランプ、方向指示器まなどが一切ありません。公道で運転するためにはこうした機能が不可欠です。従って、警察は公道での運転を認めません。日本では自然体験ツアーやいくつかのゴルフ場で使われているくらいです。

201505273

道路交通法の壁、分厚く

 こんな素晴らしい乗り物が道路交通法によって乗れないのです。馬鹿げた話です。大塚社長の言うとおり「100年前の法律にリノベーションの技術を合わせなければならない」というわけです。アメリカは逆に「リノベーションの動きに法律を合わせている」ので、新技術がどんどん具体化しています。このような不可解な法的規制の例は枚挙に暇がありません。セグウェイははからずも日本の旧態依然とした法律や役所のあり方を浮き彫りにしました。

 

 

 

 

 

2015.05.22話題の日本酒「獺祭」が新工場で生産増ですって!

精米に176時間も!

 「獺祭」というブランドの日本酒をご存知ですか?とても珍しいネーミングが特徴ですが、獺というのは「カワウソ」のことです。カワウソが自分で獲った魚を並べることを「獺祭」と読んでいます。とても芳醇な香りと重厚な味わいがあって、酒好きにはたまらない美味しさがあります。日本酒を作るには精米して雑味となるタンパク質を出来る限り除去しなければなりません。「獺祭」は176時間をかけて精米しています。それだけ、雑味がなくなり、日本酒独特の美味しさができるわけです。

201505222 (1)

1本3万7千円も

 その代わり、大量生産ができず、高価格になります。720ミリリットルで3万7千円もします。生産者である旭酒造のホームページを見ると、「商品のお届けに2ヶ月かかり、本数にも限りがある」と書かれています。当然、飲みたいという消費者が増えるわけで、なかなか手にはいらないらしいのです。鹿児島の焼酎「森伊蔵」もかなりのプレミアがつきましたが、似たような構図ですね。

201505222 (2)

生産量を3倍に、年間500万体制

 安倍晋三首相が4月末に出席したホワイトハウスの晩さん会で乾杯に使われたと報じられたこともあり、人気はうなぎのぼりです。旭酒造は思い切って本拠地の山口県・岩国市に30億円を投じて、新工場を建設しました。海外への拡販も念頭に置いて、酒の生産能力を従来の約3倍の年間500万本(1.8リットル瓶換算)に増大しました。

201505223

海外への輸出も好調

 日本酒の消費量は戦後、ずっと右肩下がりでした。ビール、ワイン、ウィスキーなどの洋酒に押されたためです。日本酒は全国各地に酒蔵がありましたが、店を閉じる酒蔵も相次いでいます。こうした危機感から生き残りをかけて様々な挑戦が行われてきました。「獺祭」はその成功例でしょう。先日、若葉マネキン紹介所の厚生施設である「紫栄庵」で利き酒会を催しました。ここでは広島や愛知などのお酒がでましたが、どれも、とても美味しいお酒でした。海外への輸出量も増えているそうです。mこれからも美味しいお酒作りを期待したいところです。

 

2015.05.11みなとみらいで清掃ボランティアしてきました!

桜木町駅前に300人以上が集結!

 小生は横浜商工会議所にある「美しい港町横濱を作る会」に所属しています。5月9日に中区が「中区クリーンアップDAY2015清掃」を主催した際に我々の会も参加しました。9日の午前8時に桜木町駅前広場(南改札口海側エスカレーター前)に集合。我々の会からは15会員100名を越す方々が参加されました。中区のグループと合わせて、300人位が集まったと思います。

20150509100014

4コースに分かれてゴミ拾い

 午前9時半ころから4コースに別れ、桜木町を出発、終点の山下公園に向かいました。みなとみらいですからもともと、道は綺麗でした。しかし、よく見るとやはりゴミは落ちています。軍手を着用しトングで拾います。目につくのはたばこの吸殻です。小生はたばこを吸わないので普段は気が付きませんでしたが、その気になって道路に目を落とすと、落ちているものですね!なんで、こうも堂々と吸い殻を道路に捨てることができるのか、不思議でなりません。

20150509095951

道路際の植栽にカンやペットボトル

 道路際の植栽は外目で見ると綺麗に刈り取られているのですが、中を覗くジュースやビールのカンやお茶のペットボトルなどが捨てられています。目立つゴミなので、さすがに路上に放置できず、植栽の中に捨てているわけです。トングでかきだそうとするのですが、植栽の枝が邪魔になって意外に取れません。最後には腕を突っ込んで取るのですが、おかげで腕に引っかき傷を作ってしみました。

 

山下公園では野外結婚式

 2時間後にようやく山下公園に到着しました。すると、公園の中で結婚式が催されていました。まさに新婦が父親と並んでヴァージンロードに向かう途中でした。集まった親戚、友人の後ろではトランペットが「アヴェ・マリア」を演奏。公園を散歩している人たちも立ち止まり、「おめでとう」の掛け声が響いていました。山下公園の対岸の大さん橋には大きな客船が錨を下ろしていました。本当に絵になる風景でした。もっともっと、横浜を美しくしたいと思いました。

20150509110149

 

20150509110307

 

2015.05.08血液検査で認知症を早期発見!

65歳以上の認知症患者は460万人 5人に1人が発症!

 最近、メディアで認知症の報道がとても多くなっています。65歳以上で認知症の人は460万人くらいいるそうで、この年代では5,6人に一人が認知症にかかっているわけです。他人ごとではありません。小生も物忘れがとても気になります。年を取ればだれでも物忘れがひどくなりますが、年齢のせいなのか、あるいは認知症なのか、初期段階では分かりません。

201505081

血液検査で簡単にチェック 筑波大が開発!

 ここで登場したのが血液検査で簡単に初期段階の認知症にかかっているかどうかを判断できる技術です。この技術は筑波大学発のベンチャー企業Iと、同大学病院精神神経科との共同研究で生まれました。認知症の一つであるアルツハイマー病は、アミロイドβという物質が20年ほどかけて徐々に脳内にたまって発症します。これは誰の脳にも発生しますが、本来はそれを排出したり毒性を弱めたりする仕組みが備わっています。 

201505083

血液検査の精度は8割も!

 血液検査では、この仕組みにかかわる3つのたんぱく質を調べ、ごく初期の段階から認知症の兆候を捉えます。435例を対象にした臨床研究の結果、約8割の精度でリスクが判定できたそうです。検査に必要な血液は、10ml程度とごくわずかです。血液検査による認知症の可能性はAからDまでの4段階によって示されます。一番重いDと判定されると認知症の可能性が大きいというわけで、専門医の診断を求められます。

201505083

脳トレで認知症の進行にストップも

 Dなどと判定されたら、本当にガックリすることでしょう。なにしろ認知症は不治の病だからです。しかし、病気の進行を遅くすることは可能です。現在、様々な場所で脳トレなどの認知症対策が行われています。こうしたグループにまず、参加することが大事です。いろいろな方法で脳を刺激することにより、改善することが珍しくありません。小生ももし、初期認知症と判定されたら、躊躇なく脳トレプログラムに参加します。

201505084

 

 

 

2 / 12123...10... »