得々お役立ち情報
HOME > 得々お役立ち情報

専任コンサルタントはご登録者様のお悩み解決からお得な情報をご提供します

若葉マネキン紹介に登録されている方に限り、仕事に関してのお悩みや、社会保険や相続税までさまざまなお悩みを専任のコンサルタントがご相談にのります。ここでは、今まで受けたよくあるご相談を通して皆様に役立つ情報をご紹介いたします。

ご相談

暖房器具での低温やけどにご注意を!

ご回答

ヒーターやホットカーペットなどで子供が低温やけどを負う事故が医療機関(※)より寄せられています。「保温のため電気あんかを使用。足にやけどをして水ぶくれができた。」(0歳)「約3時間、ホットカーペットの上に仰向けで寝かせていた。背中が赤みを帯び、姿勢を変えると泣くようになった。」(0歳)「30cmくらい離れて赤外線ヒーターに30分くらい当たっていて、左足をやけどした。」(0歳) 心地よく感じる温度で

続きを読む

ご相談

ヘアアイロンでのやけどに御注意!

ご回答

 ヘアアイロンによるやけどの事故情報が、医療機関(※)より寄せられています。 「つけっぱなしにしていたヘアアイロンで、子供が片足の足裏全体をやけどし、水ぶくれができた。」(1歳) 「使い終わった直後のヘアアイロンを子供が触ってしまい、手に痕が残る重度のやけどを負った。」(2歳) ヘアアイロンの髪を挟む面(コテ部分)は、大きいものでは幅が約4cmもあり、小さい子供の手足がほとんど入ってしまうサイズで

続きを読む

ご相談

ベビーカーの安全な使用のために

ご回答

もうすぐ秋の大型連休。お子さんとベビーカーでお出掛けする方もいらっしゃると思います。 ベビーカーで走行中の事故が報告されていますので御注意ください(事故情報データバンク(※)より)。 「走行中、車輪が段差に当たってベビーカーが転倒し、乳児が頭部を負傷した。」 「ベビーカーに娘を乗せて踏切を渡ろうとしたときに後輪が線路に挟まり転倒した。」 この他にも、隙間や溝に車輪が挟まって転倒した事例もあります。

続きを読む

ご相談

子供のサプリメント利用は慎重に!

ご回答

子供にサプリメント(※1)を飲ませて、健康被害が発生したという事故情報が寄せられています。 「孫にブルーベリー入りの健康食品を1粒飲ませたところ、約2時間後に顔に発疹が出た。」 「海藻サプリメントを家族で飲んでいたら、子供に湿疹が出た。」 「子供向けプロテインを購入し、表示どおり牛乳に混ぜて飲ませたところ、喉が腫れて息ができなくなった。」 母親の8%が乳幼児にサプリメントを与えたことがあり、そのう

続きを読む

ご相談

熱中症に御注意ください

ご回答

熱中症になりやすい時期です。東京消防庁管内では、子供が車の中に閉じ込められ、熱中症になった事例が報告されています。 「11時5分頃、母親が郵便局での用事を済ませ、子供と荷物を車に乗せてドアを閉めたところ、ドアロックが掛かり、荷物の中にキーを入れていたため解除不能となった。」(2歳、熱中症、気温33.2度、湿度60パーセント) 夏の車内の温度は、短時間で高温になります。また、夏だけでなく、春や秋にお

続きを読む

ご相談

ベビーカーによる指挟み事故に注意!

ご回答

今年に入って、ベビーカーによる指挟み事故に関する報告が3件消費者庁に寄せられています。 「ベビーカーを開く際に、幼児(1歳)が指を挟み重傷を負った。」(2月神奈川県・4月徳島県発生) 「親がベビーカーを開いた際、幼児の指が挟まれ、指先を負傷。」(6月北海道発生) ベビーカーの開閉操作をする際は、可動部で子供の指や手足を挟んだり、ベビーカーが体に当たったりして怪我をするおそれがあります。子供がベビー

続きを読む

ご相談

ベランダからの転落に注意!

マンションに住んでいますが、時々、6歳になる子がベランダに乗りたがるようになり、不安です。

ご回答

医療機関(※)より、子供が自宅のベランダから転落したという事故情報が寄せられています。 「マンション2階の室内で遊んでいた。親が気付くと窓は開けられ、室外機のところにスリッパがあり、子供はベランダの下に落ちて泣いていた。室外機によじ登った可能性あり。入院1か月。」(2歳) 「2階ベランダの柵を乗り越えて、下のコンクリートに転落し、頭蓋骨骨折。脳内損傷はなく、入院8日。」(4歳) 「2階ベランダの柵

続きを読む

ご相談

バーベキューでの食中毒に注意!

これから、野外でのバーベキュー・シズンになります。我が家の子どもたちも海や山でバーベキューを楽しみにしています。食中毒を避けるために何に注意したらよいでしょうか?

ご回答

屋外でバーベキューを楽しみたくなる季節ですが、食中毒が多く発生する季節でもあります。特に、抵抗力の弱い子供が感染した場合は重症化することもあるので、次の点に注意が必要です。1.食材は調理の直前まで冷やして保管   温度が上昇すると、細菌が増殖しやすくなります。2.肉類は中心までよく焼く  肉には、少量でも食中毒を起こす細菌が付いていることがあります。成型肉やハンバーグ、タレ等に漬け込んだ肉等は細菌

続きを読む

2 / 6123... »
WEBで簡単登録する