得々お役立ち情報
HOME > 得々お役立ち情報

ご相談

子供のピーナッツ事故多発!

 3歳以下のお子さんをお持ちのお母さん、ピーナッツに要注意ですよ!医療機関(※)より、子どもが豆やナッツ類を誤えんする事故の情報が寄せられています。 例えば、「豆を食べながら椅子から下りようとした拍子にむせ込み、その後ゼイゼイしていた。全身麻酔をかけ気管支から除去した。」(1歳)。消費者庁は「ピーナッツや節分の豆は3歳までは食べさせてはいけません!」と訴えています。
子どもは、口の中に食べものを入れたまま動いたり泣いたりし、ふとした拍子に口の中の食べものを吸い込んでしまうことがあります。
 豆やナッツ類は、臼歯が生え揃う前の子どもには噛み砕くことが難しく、少し噛むとかえって吸い込みやすい大きさの破片になってしまいます。それが気道や気管支に入ると、窒息時のような苦しさはないものの、軽い咳が続くなどして、放置すると気管支炎や肺炎を起こし呼吸ができなくなることもあります。

 取り除くには全身麻酔が必要です。特にピーナッツは除去が困難な上、油脂成分により炎症を起こしやすく完治しないこともあります。
 歯が生え揃う3歳頃まで豆やナッツ類は食べさせないようにしましょう。


(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成26年12月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

ご回答

 子どもは、口の中に食べものを入れたまま動いたり泣いたりし、ふとした拍子に口の中の食べものを吸い込んでしまうことがあります。
 豆やナッツ類は、臼歯が生え揃う前の子どもには噛み砕くことが難しく、少し噛むとかえって吸い込みやすい大きさの破片になってしまいます。それが気道や気管支に入ると、窒息時のような苦しさはないものの、軽い咳が続くなどして、放置すると気管支炎や肺炎を起こし呼吸ができなくなることもあります。

 取り除くには全身麻酔が必要です。特にピーナッツは除去が困難な上、油脂成分により炎症を起こしやすく完治しないこともあります。
 歯が生え揃う3歳頃まで豆やナッツ類は食べさせないようにしましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成26年12月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。


(参考)
・「あなたのお子さんは安全?」ナッツ類による窒息
 => http://www.caa.go.jp/kodomo/onepoint/newdetailadvice_9_12_5.php
・過去の配信メール
 Vol.21 ナッツ類は3歳まで与えないで!特にピーナッツは要注意!!
 => http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20110210.php

消費者庁の「子供安全メール」より2015102901

WEBで簡単登録する

お仕事検索

勤務地で選ぶ






働き方で選ぶ



職種で選ぶ



キーワードで検索

注目の新人

  • 高時給求人特集
  • 長期のお仕事特集
  • 短期のお仕事特集
  • パート・アルバイト特集
  • 登録スタッフの声
  • トクトクお役立ち情報

WAKABAブログ

  • WAKABA Dance Studio
  • わかば犬猫病院
  • QRコード