得々お役立ち情報
HOME > 得々お役立ち情報

ご相談

熱中症に御注意ください

ご回答

熱中症になりやすい時期です。東京消防庁管内では、子供が車の中に閉じ込められ、熱中症になった事例が報告されています。

 「11時5分頃、母親が郵便局での用事を済ませ、子供と荷物を車に乗せてドアを閉めたところ、ドアロックが掛かり、荷物の中にキーを入れていたため解除不能となった。」(2歳、熱中症、気温33.2度、湿度60パーセント)

 夏の車内の温度は、短時間で高温になります。また、夏だけでなく、春や秋においても熱中症の危険はあります。ほんの少しの時間でも、絶対に子供を車内に残さないようにしましょう。

 また、高温の炎天下にいると、大量の汗で体の水分や塩分が失われ、体温調節がうまくできなくなり熱中症になる危険性があります。子供は大人に比べて身長が低いため、大人よりも地面からの照り返しの影響を強く受けます。外出の際は、子供の体調の変化に十分注意し、こまめな水分、塩分補給を心掛けましょう。

「子ども安全メールfrom消費者庁」から

201508201

WEBで簡単登録する

お仕事検索

勤務地で選ぶ






働き方で選ぶ



職種で選ぶ



キーワードで検索

注目の新人

  • 高時給求人特集
  • 長期のお仕事特集
  • 短期のお仕事特集
  • パート・アルバイト特集
  • 登録スタッフの声
  • トクトクお役立ち情報

WAKABAブログ

  • WAKABA Dance Studio
  • わかば犬猫病院
  • QRコード