WKBブログ
HOME > WKBブログ

2014.11.10動物園の「ズーラシア」行ってきました!

二人目の孫(3歳、男)の通う保育園の遠足に付き添いで、横浜ズーラシアに行って来ました。初めて、行きましたが、通常の動物園とはかなり違っていました。まず、動物園自体がジャングル風の大きな公園の中に設置されていました。普通の動物園のように狭い場所に檻が集中しておらず、公園内に点在しているために、歩くだけでも結構な運動になりました。

 ズーラシアができたのは1999年です。「生命の共生・自然との調和」をメインテーマにかかげ、動物、植物、人の文化を織り交ぜながら、世界の環境を演出しています。現在の面積は42.3ha。全面開園すると約53.3haの日本最大級の動物園となる計画です。これだけ広く、ゆったりと作られているため、平日でしたが、たくさんの幼稚園児や学校の生徒が集まっていました。

 動物たちの生まれ故郷を思い起こす生息環境展示やゾーン毎に変化するヤシやユーカリなどの植物相で、まるで世界一周の動物旅行をしているかのようです。 展示動物は、約100種600点で、オカピ、インドライオン、アカアシドゥクラングール、テングザルなど珍しい動物たちに出会うことができます。絶滅寸前の希少種の野生復帰や、そのための研究にも積極的に取り組んでいます。

 動物園に行くのは何年振りか忘れてしまうくらい久しぶりでした。しかし、様々な動物たちを眺めるうちに何となく心が休まる様な気持ちとなりました。動物は人の心に安らぎを与える不思議な力を持っているようです。大人同士で出かけても楽しい場所だと思います。

DSC02144DSC02157  DSC02153DSC02159 DSC02143

2014.11.05「横浜いのちの電話」がボランティア、募集です!

「いのちの電話」は年中無休で24時間体制!
  小生は横浜金港ライオンズクラブの会長さんと知り合いなのですが、この方は「横浜いのちの電話」の責任者として、自殺予防の活動を熱心にやっていらっしゃいます。「いのちの電話」というのは全国各地にあり、自殺を考えている人たちの電話を年中無休、1日24時間体制で受けています。電話で相談を受けている方たちは全員、ボランティアです。人生に生き詰まり、もがき苦しんでいる方の声に真夜中でも耳を傾けているわけです。

2ages (2)

ボランティアを募集です!
 この「横浜いのちの会」がボランティアを募集しています。募集要件は以下の通りです。


応募資格 (以下のすべてを満たすこと)
1、年令が23歳から65歳までの人(2014年3月31日現在)
2、横浜いのちの電話の活動と基本理念に賛同し、積極的に参加できる人
3、1年間の養成コースに参加できる人(週1回2時間及び宿泊研修2回)
4、電話相談員ボランティアとして無料奉仕できる人(交通費も自己負担)
5、24時間年中無休の電話相談において、原則として月2回の担当ができる人

 

現在200人が電話相談
 かなり、厳しい要件ですが、やはり人のいのちに関わる作業をするのですから、ボランティアにもそれなりの覚悟が必要です。
横浜いのちの電話は1980年9月1日に開局し、社会福祉法人の認可をとり、自殺予防の一環として現在約200名の電話相談員が年中無休で24時間休まず活動を続けています。しかし、このような電話相談活動を継続し充実するためには、多くの相談員が必要なわけです。

i3mages (3)

米人女性が予告どおり、「自殺」!
 先日、脳腫瘍を患い、余命半年を宣告された米人の結婚したばかりの若い主婦がブログで11月1日に薬を飲んで死ぬことを宣言し、世界を驚かせました。この女性は予告通り、医者から処方された薬を飲み、家族の見守る中で命を絶ちました。ショックです!この人の苦しみは痛いほど分かりますが、それでも人には自ら命を絶つ権利があるのか、恐らく誰にもわからないでしょう。

人として生まれることは、ほとんど奇跡!
 しかし、仏教ではこの世に人として生まれるこことは藁の山の中から1本の針を探すことより、難しいと説いています。塗炭の苦しみを長い間、受け続けても生きなければならないのか、それとも自分の命だから自由に終止符を打てるのか。少なくとも、経済的な理由や人間関係、家族間家の悩みで死ぬことは許されないでしょう。

i3mages (2)

2014.10.20素晴らしいお茶と蕎麦にバーベキュー、楽しい一夜でした!

若葉マネキンのお茶室で「月見の会」
 18日(土)の夕方から若葉マネキン紹介所のお茶室で「月見の会」を開催しました。出席していただいたのは、横j浜商工会議所の小売り部会のメンバーのほか男声合唱団「横浜グリークラブ」の指揮者、ピアニスト、さらに日経新聞の元記者ら十数人です。このお茶室は横浜市神奈川区片倉にあり、広い庭と本格的なお茶室やバーベキュー小屋があります。かねて、ここでお茶を楽しみたいという声があり、今回、開催されました。

DSC02122

お茶室は別世界、全員が平等に
 お茶は日本が世界に誇る伝統文化です。しかし、実際にきちんとしたお点前を経験した人は案外、少ないのではないでしょうか?4畳半くらいしかない狭いお茶室に入ると、そこはたちまち別世界です。昔、武士たちもお茶室に入るときは刀を外に置いて入りました。士農工商の身分制度が厳しかった当時であっても、一旦、お茶室に入ると、身分はなくなり、全員が平等になります。

DSC02116

見事な袴姿とお点前に感激!
 今回も正式なお茶を経験していた人は少ないようで、正座してかしこまっている姿を見ると、随分と緊張しているなあ、と感じました。お点前を披露してくれたのは小生のサラリーマン時代の同期生で、何と、40年近いお茶のキャリアを持っています。びしっとした袴を着た姿は本当に格好良かったです。わが同期ながら見なおしてしまいました。

DSC02115

北川製粉所の蕎麦は最高でした!
 この「月見の会」に蕎麦粉を販売している北川製粉所(
http://www.ntv.co.jp/burari/070623/info02.html)の北川社長が打ちたての蕎麦を持って、参加してくれました。なにしろ120年の歴史ある製粉所です。皆さん、バーベキューを食べたばかりなのに、平均して3杯もおかわりしていました。よほど、美味しかったあのでしょう。実は、11月15日(土)はこのお茶室で日本酒の利き酒会が開催されます。もしかしたら、ここでも、北川社長の売ってくれる蕎麦を食べられるかもしれません。今から、楽しみです。

DSC02124

 DSC02117

 

2014.10.14お腹凹ましたい人、腹筋グッズ選びは慎重に!

同期生はみな太鼓腹に!
 小生の腹回りは90センチ近くあって、典型的な太鼓腹となっています。中年まで続いた暴飲暴食によって内臓脂肪がたまり、格好悪いことこの上ない体型になってしまいました。以前、もといた会社の同期会コンペがあって、数年ぶりにみんなと会いました。みんな、不思議なくらい小生と同様の下腹の突き出た体型をしていました。中には100㌔近い体重の持ち主もいて、ちょっと、安心したくらいです。

2 (1)

腹筋グッズ、次から次に登場!
 何とか出っ張った腹を凹ませたいと願う人たちを狙って、通販グッズの新商品が次から次に登場しています。深夜の通販番組でも腹筋がきれいに割れたモデルが登場して、腹筋グッズを勧めています。こうしたグッズは本当に腹を凹ますことに役立つんでしょうか?プロのトレーナーによると、腹を凹ますのに一番必要なことは内臓脂肪を燃焼させることです。

2 (2)

酒をやめ、歩くことが必要
 内臓脂肪は溜まりやすく燃焼しやすいので、摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やせば、必然的に腹は凹んできます。つまり、食事量やお酒を減らし、運動したらよいのです。特に激しい運動ができない中高年にとって、ウォーキングやジョギングが役立ちます。小生は毎日、約1時間かけて徒歩で通勤していますが、なかなか凹みません。毎晩、飲む酒をやめれば凹むはずなのにこれができません。

3images (2)

腹筋グッズは「役立たず」!
 では腹筋グッズはどうでしょうか?前述のトレーナーは「
腹筋を鍛えるような通販グッズはどんな形のものであれ、お腹を凹ますのに効果的であるとはいえない」と断言しています。内臓脂肪を燃焼させる効果もないし、「腹筋自体は大きな筋肉ではない」からです。お腹を凹ますには高いお金を出して腹筋グッズを買うより、お酒をやめて、毎日、テクテク歩くことにつきそうです。

2014.10.04カジノは日本に必要か?

今秋の臨時国会でカジノ法案成立か?
今年の秋の臨時国会でカジノ法案が成立しそうな感じです。マカオでのカジノの成功が景気浮揚に懸命な自民党を刺激しているためです。小生も数年前にラスベガスに行って、本場のカジノを見てきました。ギャンブルには一切、手を出しませんでしたが、カジノの雰囲気だけは楽しんできました。

1images 

日本のギャンブル依存症は世界トップクラス!
小生ができるギャンブルといえばマージャンとパチンコくらいで、競馬、競輪などの公営ギャンブルもやったことがありません。従って、日本にカジノができても行く気はありません。カジノの導入に対して国民の間にも賛否両論があります。反対派はギャンブル依存症の国民が増えることを懸念しています。調べてみたら日本はギャンブル依存症有病率は成人人口の4.8%とマカオの6%についでトップクラスです。これにはビックリしました。

img_690298d3b046a51790d1a621b8f1dd72164223

ギャンブル依存症が増加の可能性も!
カジノが国中にある米国でさえ、3.2%なのです。ギャンブル依存症は、ギャンブルへのブレーキがきかないコントロール障害。ギャンブルの機会がたくさんあり、敷居が低いほど有病率は高いとされているため、日本カジノができると、ギャンブル依存症の人が増える可能性があります。2011年9月、世間の耳目を集めた”大王製紙創業家3代目の巨額カジノ騒動”を覚えている方も多いでしょう。小生は総額106億8000万円をカジノにつぎ込んだ井川意高(いかわもとたか)前会長の書いた『熔ける~大王製紙前会長井川意高の懺悔録』を読みました。

 

カジノで大王製紙の創業家、すべて失う
凄まじいまでの負け方に空恐ろしくなりました。大王製紙の創業家である井川家はこれですべてを失ってしまったのです。小生の父親もギャンブル好きで年中、母親とけんかしてましたから小生自身、ギャンブルに深入りしませんでした。ただ、日本にカジノができたら経済効果はかなりのものでしょう。ギャンブル依存症の人が増えることと、景気浮揚とどっちを選ぶのか、難しい選択であることは間違いありません。

2014.10.03「3年目の浮気」の黒沢博、ディナーショーよかったですよ!

親近感のあるステージに納得
 昨日、130万枚のレコードを売って大ヒットした「3年目の浮気」の黒沢博のディナーショーを見てきました。場所は横浜・中華街のローズホテル。流行歌手のディナーショーはほとんど行ったことがありませんが、クラシックやシャンソンの会に比べて、ステージと客席の距離が随分、近いなと感じました。これは実際の距離という意味ではなく、親近感ということです。

DSC02106

1万札はさんだ割りばしを、おひねりに!
  例えば、歌の最中でもひっきりなしに客席から声がかかります。また、ステージを降りて客席で歌う時、割りばしに1万円札や千円札をはさんで、黒沢博の胸ポケットに差し込んでいました。今回のショーは黒沢博のバースデーを祝う会だったため、多くのお客さんがプレゼントを抱えて、ステージの前に並びました。5歳になる小生の孫も千円札を持って、ステージに行きましたら、黒沢博はびっくりしたような様子で、「名前は何というの」「何歳になるの」などとやり取りしていました。

DSC02099

「なみだの操」の宮路オサムも参加
  また、若い女性のお客さん二人をステージにあげ、3人で「3年目の浮気」をデュエットし、やんやの喝さいでした。「なみだの操」の宮路オサムも飛び入り参加。宮路オサムも「なみだの操」を歌いましたが、のどをつぶしたような独特な歌い方で、「おれの歌い方はこういう歌い方はダメ、という見本」などと言って客席をわかしていました。

DSC02105DSC02101

チケット販売で歌手も大変!
 ところで、黒沢博の歌はそれなりにいいのですが、ちょっと高音部に無理を感じました。後半はずっとスタンダードを歌っていましたが、こちらの方がうまいな、と思いました。料金はおひとり25,000円。ローズホテルの中華は美味しかったですね。これからクリスマスにかけて歌手のディナーショーが目白押し。チケット販売で歌手も大変です。

 

8 / 12« ...789... »